最初に配られた2枚のカードが同じ数だった場合、「スプリット」つまり分けてそれぞれ別にプレイすることが可能です。例えば、最初のカードが「8」と「8」だったとします。この時に「スプリット」は大活躍するルールです。なぜなら、「8」と「8」で既に合計「16」です。スタンドのポイントは合計「17」以上なので、この合計「16」は「スプリット」を使用しなかったとしたら、そこでスタンドするか、もしくはヒットしたとしても確立的にはバーストする確立は高いでしょう。スタンドしたとしても、ディーラーの勝利の確立は高くなります。そこで「スプリット」をすれば「8」を個々にプレイできるので、次に引いたカードが「10」だったとしたら合計「18」になって「スプリット」しなかった時よりも確実に勝つ確立が高くなるからです。同様に「A」と「A」のペアも同じことが言えます。

それぞれのペアおすすめ条件として、

「2」か「3」のペアでディーラーが「2」~「7」のカードの場合「スプリット」

「4」のペアでディーラーが「5」か「6」のカードの場合「スプリット」

※「5」のペアでディーラーが「2」~「9」のカードの場合は「ダブルダウン」

「6」のペアでディーラーが「2」~「6」のカードの場合「スプリット」

「7」のペアでディーラーが「2」~「7」のカードの場合「スプリット」

「9」のペアでディーラーが「2」~「6」、「8」か「9」のカードの場合「スプリット」
              「7」「10」「A」のカードの場合「スタンド」

※「10」は常に「スタンド」

※の場合はスプリットをしないほうが有利です。


A fact: Online Blackjack remains the best way to become rich online.Or is it ? Discover it all with Blackjackdeal.com and their special blackjack online guide and reviews.


Close