話題のオンラインアニメカジノ 極意をあの有名人ギャンブラーに学ぶ!

今、オンラインアニメカジノが熱い。「え、カジノってラスベガスでしょ?」そんな時代はもう古く、24時間パソコンやスマホでオンラインカジノが楽しめるようになりました。また、アニメゲームを遊ぶようなカジノが登場し、日本のみならず海外のアニメファンもひきつけています。でも、手軽なだけに初心者は注意したいもの。今回はカジノ初心者向けにあの有名人ギャンブラーから、ギャンブルの極意や失敗談を学んじゃいましょう。

秋元康「一晩で○億負けた!?」

作詞家、放送作家、漫画原作者の肩書きを持ち、AKB48のプロデューサとして有名な秋元康氏。作詞家としての才能とプロデューサとしての能力は誰もが知るところですが、実はギャンブルもお好きらしい。秋元氏のギャンブルにまつわる有名な話としては、ラスベガスに遊びに行って一晩で負けた金額がなんと、1億円とも15億円とも噂されています。そしてギャンブルをしているときは、寝るのも忘れてものすごい集中力を見せるんだとか。こういう人はいったいいつ、どういうタイミングでギャンブルを終わらせるんでしょうかね。

坂上忍「稼いだ金はすべてギャンブルに」

デビューは名子役だった、というのを知っている人はどのぐらいいるでしょう。今はどちらかといえば「ギャンブラー坂上忍」として有名かもしれません。坂上忍氏は特に競艇が好きで、大晦日には稼いだお金をすべて競艇に注ぎ込むのは誰もが知るところ。それで勝ったのは合計1億円、負けたのは3億円とか。大晦日で大負けした翌年に財産が300円程にまで落ち込んでいた、とテレビで話したこともありました。坂上氏は人生のすべてをかけた無類のギャンブラーですね。

じゃい「ギャンブル4つの鉄則」

秋元氏のように大金持ちがギャンブルに興じたり、坂上氏のように人生のすべてをギャンブルにかけるような人ばかりがギャンブラーではありません。インスタントジョンソンのじゃい氏はギャンブルで稼いだお金でマンションを買うような実直派。彼はギャンブルを仕事と割り切っているんだとか。パチンコや競馬などで有名なじゃい氏が2012年2月8日に公開されたNewsセブンポストの取材 に、「稼ぐギャンブル4つの鉄則」について語っています。一つ目は「パチンコは休日にやるな」。二つ目は「500x3x12の法則」でこれは12レースの競馬は1日1レース500円を3点までとけじめをつけること。三つ目は「本命を買うな」で倍率が低い本命でつまらない損をしない。そして四つ目は「買ったらATMに直行」。ギャンブルを実直に、そしてコツコツと稼げるレベルで楽しむ極意は、ギャンブル初心者にとても参考になります!

ベン・アフレック「うますぎて出入り禁止!」

ハリウッド俳優のベン・アフレック (Ben Affleck)は実はポーカーとブラックジャックが大好き。2004年にカリフォルニア州ポーカーチャンピオンシップで優勝した経験もあるほどの腕前。しかも、2014年には腕が良すぎてラスベガスでブラックジャックを禁止されちゃったんですって!かっこよすぎです。

まとめ

ギャンブラーと一口にいっても、ギャンブルのやり方、その哲学は人様々なものですね。ストレス発散に興じる人もいれば、人生をすべてかけちゃう人、仕事にしちゃう人、それからプロレベルまで腕を上げてしまう人まで!これからオンラインでギャンブルをはじめるあなたのギャンブラー人生はどこに行き着くでしょうか?


Close